お客様の不安を少しでも解消するために / よくあるご質問

トップページよくあるご質問

よくあるご質問

大塚紙店にお客様から寄せられるご質問と回答を掲載しています。

Q紙はどのくらいの単位で発注できますか?
紙の種類、厚さに、大きさによって異なります。
例えば、クラフト紙<54>900×1200の寸法でしたら250枚からご注文いただけます。
基本的に小売りはしておりませんが、ファンシー系用紙なら1枚からでもご用意できます。
Q紙のサイズはどのくらいまで対応出来るの?
より小さいサイズをお求めでしたら50mm角くらいまで対応可能です。
大きいサイズは、788mm×1091mm(4/6判全判の大きさ)くらいまでとなります。
クラフト紙に限りますが、1200mm×3000mmくらいまで対応可能です。
Q印刷も対応してもらえるのですか?
もちろん対応可能です。印刷サンプル、印刷データがお手元にあればすぐに印刷できます。
印刷データが無い場合でも、弊社でデータを制作し(別途データ作成費がかかります)、印刷物として納品いたします。
Q紙の名称だけでは、質感が分からないのですが…
弊社のオリジナル・サンプル帳をご用意しております。サンプル帳で質感や厚さなどを、実際にご確認ください。
サンプル帳以外にも多数の用紙サンプルを取り揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Q手提げ袋やパッケージのデザインが作れないんだけど…
オリジナルのデザインにも対応いたします。プロのデザイナーが担当いたしますので、ご意見やご要望は遠慮なくお伝えください。世界にたったひとつのオリジナル商品を製作いたします。
Q洋紙と和紙の違いは何ですか?
基本的には原料が違います。洋紙は針葉樹・広葉樹などの木材パルプを使い、和紙は楮・みつまた・雁皮などが原料になっています。
現代では便宜上、明治時代以降、西洋から伝わった製造方法によって作られた紙を「洋紙」、そして日本古来の伝統的な技法によって作られた紙を「和紙」と呼んでいます。
Q会社に行きたいのですが、駐車場はありますか?
埼玉本社は駐車場を完備しております。東京支店には駐車場がございません。お車でお越しになる際は近くのコインパーキングをご利用ください。

ページトップへ戻る