ニューストピックス

トップページニューストピックス一覧>「ちょっと得する紙の知識」-第33回目は「手提袋」について

「ちょっと得する紙の知識」-第33回目は「手提袋」について

2018/03/19

「ちょっと得する紙の知識」のコーナー。第33回目は「手提袋」についてです。

今回は紙についてではなく、紙を使った二次加工品である手提袋について説明します。

手提袋には、お酒など重いものを入れることが多々あります。そのため、材質はある程度しっかりした紙でなければなりません。具体的にはクラフト紙系の紙が適しています。白がお好みでしたら晒クラフト、さらにツヤを出したい時には片艶晒クラフトを使うといいでしょう。もちろん、未晒クラフトでナチュラルな演出をすることも出来ます。厚さはやはり厚めのもの(100g/㎡か120g/㎡)をお勧めします。

もちろん、印刷も可能です。商品や会社のロゴを入れたり、ベタ印刷で袋自体に色を施してもいいでしょう。また、防水が必要な場合はPP貼りをします(ちなみにマットPP貼りにすると、独特のツヤ消し感が出て表面が上品に仕上がります)。

持ち手の部分はPP紐、スピンドル、ハッピータックなどがあり、お好みのものを選べます。高級感を出したいのであれば、スピンドルをお勧めします。

手提袋は既製品ももちろんあります。しかし、前回このコーナーで説明した包装紙のように、オリジナルのものであれば商品やお店のブランド化が期待出来ます。皆さんもオリジナルの手提袋を作ってみてはいかがでしょうか?弊社では提携先加工業者との連携によりオリジナル手提袋を販売しております。ご不明な点がございましたら弊社スタッフまでお問い合わせ下さいませ。

手提袋 帝松.JPG手提 黒田園.JPG手提袋 ワイン.JPG手提 ハッピータック.JPG手提 スピンドル.JPG手提 PP紐.JPG

お知らせ一覧へ戻る

ページトップへ戻る